複数の借入れを一本化することで金利を抑えられる

複数の借入れを一本化してまとめることにはメリットがあるとされています。それは一本化することにより、金利を抑えられることが期待されるからです。おまとめローンのプランがある会社はたくさんありますが、それぞれのローンで設定されている金利は一体どのくらいなのでしょうか。

 

金利の設定について

そもそも金利に関しては、それぞれの会社によって異なる設定がされています。以下のおまとめローンの代表的な例として、東京三菱UFJ銀行カードローンの金利設定を挙げてみます。まずは具体的な数字ですか「、三菱東京UFJ銀行カードローンのおまとめローンの金利は年率にして4.6%から14.6%までと設定されています。これだけ見ると、果たして金利が低いのか高いのかいまひとつはっきりしません。この金利の幅が意味するのは何でしょうか。

 

これが意味するのは、この設定されている金利の幅の中で貸付を行う銀行が、顧客のこれまでの返済履歴や社会的信用度、そして経済状況などに応じて、金利を設定するということです。たとえばある程度まとまった金額の借入れを複数抱えている方で、他に有利に考慮されるべき点のない方であれば、はじめは10%程度に設定されることが多いようです。ただしこれまでも取引がある、あるいは返済履歴が優良である方などに関しては、これよりも低く設定される傾向にあります。

 

つまりこれからはじめておまとめローンに申し込む方に関しては、返済能力などに関する情報が未知数なため、銀行としては定められている金利の幅の中でも上限に近い金利を設定せざるを得ないということです。銀行であっても、消費者金融であっても、これは当てはまりますので、気になるおまとめローンがある場合、まずチェックしなければならないのは、金利の幅の上限がいくらに設定されているかということになります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日