遅延することなく返済をする

カードローンの限度額を変更を希望したい!という場合もありますよね。基本的には限度額の増額を希望するという場合が多いと思います。実は、限度額は変更することができるものなんです。ただし、いくつかの条件を満たしていないと変更に応じてもらえないのでここで確認してみましょう。

 

きちんと返済できている人

カードローンの限度額の変更に応じてもらうためにはきちんと返済しているという条件がついてきます。例えば、一度でも滞納や延滞が起こっていれば限度額の変更を受付てもらえない場合もよくあります。毎月決められた日にきちんと返済をすることができているのであれば、限度額の変更の申し込みをしてみましょう。

 

自分から言う

カードローンの限度額の変更というのはカードローン会社からお知らせが来るわけではありません。あくまでも本人が希望した場合に変更に応じてもらえるという形を取っているカードローン会社がほとんどです。カードローン会社のサイトなどにアクセスするとログインすることができるかと思います。ここからネットを通じて変更の希望を出すこともできますし、オペレーターに電話をかけて直接限度額の変更を依頼することもできます。

 

どれくらいをメドに申し込むべき?

カードローンも限度額の変更を希望したいと思うのはその時々によって異なるかと思います。もしかするとカードローンを発行したその月にすでに限度額の変更を検討している方もいるかもしれませんね。しかし、信頼関係ができていないとなかなか限度額の変更には応じてもらえません。ではどれくらいの期間をめどに変更の申し込みをするべきなのか。大体の目安としては半年から1年くらいの間問題なく利用することができていれば変更に応じてもらえる可能性が高まります。もちろんカードローン会社によって対応が異なりますのであくまで目安の1つとして。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日