カードローンの限度額はどれくらいまで期待できる?

カードローンの限度額というのはそれぞれのカードローン会社によって設定されています。まず最初に覚えておいて欲しいのが、消費者金融系のカードローンの場合だと総量規制の対象となっているため「年収の3分の1までの借り入れしかできない」ということです。

 

例えば年収300万円の人がいたら限度額は100万円になるということになりますね。もしもそれ以上の借り入れを希望する場合は消費者金融系のカードローンではなく、銀行系のカードローンを選ぶ必要があります。銀行系のカードローンは総量規制対象外となっていますので年収の3分の1以上の限度額を期待することができます。

 

限度額を高くするには

カードローンの限度額は必ずしも最初から最高額まで設定してくれるというわけではありません。仮に、限度額500万円と記載されているカードローンがあったとしても、最初から500万円が限度額に設定されているというわけでは無いので注意が必要です。ではどのようにして限度額を決めているのかというと審査の内容によって決定されています。十分な収入があること、返済能力に優れていることなどをトータルで加味した上で限度額を設定しているんです。

 

 

つまり、カードローンの限度額を高くするためには収入を上げることが手っ取り早いといえます。とはいえ、誰でも簡単に年収をアップさせることができれば苦労はしないですよね。実は、カードローンは繰り返し利用し続けていくことによって限度額をアップしてくれる場合もあります。もちろんこれは正しく返済を行っている人のみが対象となっています。「この人はきちんと返済をしてくれる人だから限度額上げても大丈夫だろう」という風に判断されるわけです。ですので最初から最高限度額を期待するのではなく、徐々に限度額を引き上げてもらう方向で考えるようにしましょう。

初めて利用する方のために

テレビのCMなどで、頻繁に目にするようになった、銀行カードローン。利用したことのない方にとっては、選ぶポイントがよくわからないというのが、正直なところだと思います。大手銀行系でCMもしていると、信頼できそうな雰囲気がありますが、あの短いCMだけを見て、選ぶポイントにするには、借り入れ時の条件などの情報が少なすぎます。早速、初めて利用する方のために、選ぶ基準、ポイントを紹介しましょう。

 

すぐチェックしたいなら!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

銀行カードローンが一番安心

お金の借り入れは、主に銀行系か消費者金融系の2つに分かれます。サービス内容はどちらも同じですが、金利が異なります。バックボーンに銀行がついている銀行系カードローンのほうが、低金利で安心して利用することができるので、初めて利用する方は銀行カードローンをお勧めします。

 

インターネットの利用

銀行系カードローン会社については、インターネットから申し込みはもちろん、振り込み依頼や利用状況の確認もネットで簡単にアクセスができ、とても便利です。携帯やスマートフォンなどから、アクセスできるサービスを提供している
銀行カードローン会社を選ぶと、さらに便利に利用ができます。

 

低金利かどうか

申し込みをする前に、まず金利のチェックを必ずしてください。というのも、利用する会社ごとに金利は異なります。会社によって、借り入れ条件も金利も変動します。インターネットなどで簡単に調べられるので、会社ごとの条件などを比較をしたうえで、選ぶことをお勧めします。例えば、借り入れ限度額が高く、金利が安いからといって選んでも、実際にあなたが借り入れできる金額が異なれば、金利も異なります。実際に借りてみたら、金利が高かったなんてことにならないように、事前に確認をしましょう。

カードローンの限度額は年収によって前後する

カードローンの限度額はそれぞれのカードローン会社のホームページなどを見てみると「○○万円まで!」といった風に記載されていますよね。そこで「こんなに借り入れができるんだ!」と申し込みをして、実際に借り入れをしてみると限度額がずっと低かった……。というのはよく耳にします。ではどうしてカードローンの限度額が最初から最高限度額に設定されていないのかというと、これには年収が深く関係しているんです。

 

年収は信用度に繋がる

カードローンに申し込みをした時はこれから信頼関係を作り上げていくわけですので、あくまで申し込み時点での要素から様々な面を判断していきます。その中で重要となる要素が【年収】になるわけです。年収が高いほど返済能力が高い、安定した年収であれば返済能力も安定する、といった風に判断されるのは当然のことです。年収が低く、さらに不安定である場合は信用度がどうしても低くなってしまうためカードローンの限度額が低めに設定されるのも仕方がありません。

 

法的な上限は年収と関係あり

消費者金融系のカードローンを利用する場合、限度額は年収の3分の1までと法的に定められています。これを【総量規制】と言います。そのため年収が高い人ほど借入金額を大きくすることができ、年収が少ない人は借入金額の少なくなってしまいます。もちろん複数のカードローン会社を利用していたとしても借り入れの総量が3分の1を超えることはできません。

 

年収が上がれば限度額が上がることも

カードローンを利用している最中に年収が上がればその分だけ限度額が上がる場合も多いです。つまり、年収の高さがそのまま限度額に繋がると考えても良いでしょう。もちろんこれ以外にもきちんと毎月決められた金額を返済することができているかというのも重要なポイント一つ。ちなみに限度額の増額は基本的に相手から話を持ちかけられることはほぼありません。自分からどんどん交渉していきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日